幸手アートさんぽ関連プログラム
『幸手アート未来会議』のご案内です。

今→未来のアートの「コト」を見て聞いて話す場

志を持ち前に向かう勇気を持つ人たちへ。
今さらに発展し飛躍するために
「アートのコトを見て聞いて話そう」、
常に創造し続ける人へ、常に発信し続ける人へ、常に刺激を求める人へ、
「幸手アート未来会議」が創造の場を創ります。

今、多くの場所で、行事や事業など多くのコトが起こっています、主役は人です。
協力し合い、大きなコト、難しいコトに立ち向かっています。
その中でアートはとても重要な要素を担っています。
アートを主題に、未来に向けた広がりのある、見て聞いて話す場を目指します。
パネリストによる活動内容の発表や参加者全員で行う
「今→未来のコトを見て聞いて話す」ディスカッションを行います。

2019/3/31(日). 17:00-19:30 (開場 16:30)

会場: ホテルグリーンコア本館
〒340-0115 埼玉県幸手市中3-17-24 TEL 0480-42-7788 🅿有り

パネリスト:
 東京造形大学 藤井 匡
 忍町アートギャラリー 野本 翔平 
 美術と街巡り・浦和 松永 康
 幸手アートさんぽ 小林 晃一

コーディネーター:千葉 雄一
定員:50名(当日先着順)
参加費:無料
主催:NPO法人アート体験協会 
企画・運営:幸手アートさんぽ実行委員会
〒340-0113 埼玉県幸手市幸手3637
info@satte-art.com


リーフレットが完成しました!

2月23日より関係各所にお配りしています。見かけたらぜひお手にとってみてください。

*中山商店(会場番号18)は、都合により作品展示を中止させていただきます。ご了承ください。

商店街にアート出現!!
大人も子供も、わくわく、ドキドキ。
散歩しながら、気軽にアートを楽しもう。

権現堂の桜が満開の季節、幸手の商店街にアート作品を展示。彫刻・絵画・写真・映像など作品のジャンルも様々。参加アーティストによるライブパフォーマンスやトークイベント、スタンプラリーなど盛り沢山のプログラムを予定して皆さまのご来場をお待ちしています。

権現堂の桜が満開の季節、幸手の商店街にアート作品を展示。彫刻・絵画・写真・映像など作品のジャンルも様々。参加アーティストによるライブパフォーマンスやトークイベント、スタンプラリーなど盛り沢山のプログラムを予定して皆さまのご来場をお待ちしています。


2018.11.11.ワークショップ終了です

今年の幸手市民まつりもいいお天気に恵まれました。
「カキカキ・ヌリヌリ・マイフォルム」には50組を超える参加者があり、盛況のうちに終了しました。
「昨年も描いたんですよ」という方もいて大変嬉しい限りです。
お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。
ぜひ、来年3月の本展にもお出かけください!


幸手市民まつりに今年も参加します。

昨年大好評だったワークショップ「カキカキ・ヌリヌリ・マイフォルム」をやりますよ〜。
自分はどんな色?形?実物大の自分を描こう!

幸手市民まつり

日時:2018年11月11日(日)10時~16時 ※雨天決行
場所:幸手駅前通り ※幸手駅~4号国道まで
http://www.satte-k.com/event/simin/index.html


描き描き塗り塗りワークショップ終了!

大勢で画面をワイワイキャッキャと描き描き塗り塗り。あっという間の1時間で真っ白な10メートルのキャンバスは色とりどりに埋め尽くされていきました。
絵の具が乾いたら白い紙の真ん中を四角に切り抜いた枠を置いて、自分が「これぞ!」という構図を切り取ります。「構図」を自分の目で選び出し、切り取る。ここがこのワークショップのキモなんですよ。
壁に作品を展示しての鑑賞タイムで一人一人が自分の作品について語り、センセイたち(アートさんぽの作家の皆さん)からも一言。どの絵も想像が広がるものばかりで広報は「すげー」とひそかに感激してしまいました。

そして、額装して作品に仕上げるところまで実演しながら説明。家で作品をじっくり眺めて題名を付けてサインを入れて、額に入れて飾ったらこのワークショップの完成なのです。さらにいうと値段も付けよう!というところまで話しました。

子どもらは当然のように自由ですが、大人が「真剣に」自由に描いている様子はなんだかこちらまでドキドキするような時間でした。